なんでもコレクション

なんでもコレクション

コレクターの味方「アクリル製コレクションケース」

コレクションケースとは集めたフィギュアやプラモデル、その他のコレクションするものをディスプレイするためのケース、または棚のことで、ディスプレイラックとも呼ばれます。扉がないものもコレクションケースとして扱われることがありますが、基本的には埃が入らないように、ガラスやアクリルなどの透明な扉が付いています。背板は木材か鏡を使用し、棚は浅めに作られていますが、深型のタイプは側面からでもコレクションしたアイテムを眺めて楽しめるように3面を透明なガラスやアクリルで作られていることもあります。本棚やチェストのような大型のサイズが一般的ですが、最近では飾るスペースが少ないという日本の住宅事情に合わせ、卓上でも飾れるタイプや壁掛けタイプの物も用意されています。また、最近では100円均一で替えるアクリル製のコレクションケースが人気で、小さなミニカーや腕時計、アクセサリーなどを飾るために購入している人も少なくありません。この手のコレクションケースは積み重ねが可能となっており、背の高いフィギュアを1体だけ収めたり、鉄道模型など横長に必要なものとサイズが豊富になっているので、非常に人気となっています。また、コレクションするアイテムや量は人によって異なりますが、ジオラマを作ったりするような人は業務用のショーケースを購入して飾ることもあるようです。

自慢の品をインテリアに変えるコレクションケース

趣味のものを飾る時に皆さんが気を付けることは何でしょう。コレクションがより魅力的に見えるよう、ベストなポイントを探すことでしょうか。周囲のものとの調和も大切なことかもしれません。そういった美的センスに拘わることはご自身におまかせするとして、ここでは物理的な問題に対処するアイテム、コレクションケースをご紹介します。
コレクションケースとは、100円ショップなどでも売られている、趣味のものなどを飾るためのアクリルケースです。
コレクションケースを使うメリットは色々ありますが、やはり第一には埃などから趣味のものを守れるということが挙げられます。複雑な細工のものに埃が溜まってしまうとなかなか厄介ですから、簡単に掃除のできるケースがあれば安心です。それから、小さいお子さんやペットのいたずら防止にも役立ちます。
ケースは一面の空いた立方体のシンプルなものだけでなく、複数段に分かれているものもあります。このタイプを利用すればスペース不足を解消できます。
さらにUVカット加工をしたものもあり、紫外線に弱いものの保護にも役立ちます。
こういったケースにはガラス製のものもありますが、地震などのことを考えるとアクリル製の方が安全でおすすめです。

check

2018/6/12 更新