着付けもしっかりして振袖を着こなそう

振袖と似合う色合い

振袖を選ぶときには、慎重になりますね。訪問着や小紋と違い、着ることのできる期間が決まっており、できるだけ気に入ったもので、本人に似あうものをと悩むものです。
そこで、振袖を選ぶときに参考になるような色と柄についての豆知識を。
振袖は、古典柄とモダン柄があります。現代的なセンスで着こなせるモダン柄が最近の流行です。モノトーンであったり、洋花(ランやバラなど)が大胆にデザインされていたりというものです。
特に、シック系といわれる黒を基調としたものが人気です。これらは、個性的で華やかな中に妖艶な感じがする方に似合います。
古典柄は、清楚なイメージを与え、あでやかな中に若々しい印象が晴れ着らしい装いになります。古典柄は流行に左右されないので、長く受け継いでいくことができます。振袖にあわない色というのは、実はあまりなく、黒や赤などの一見きつく感じる色も、周りとの組み合わせで、豪華なイメージになります。
まずは、どんなものが自分に似合うのか、顔映りをみてください。洋服とは一味違うものが似合うかもしれません。

振袖の柄にも特徴があります

振袖は未婚の女性が着る最も格式の高い礼服で、袖丈が長いもので、華やかさにかけては右に出るものがいないという着物です。振袖は古典的なもの、新古、モダンというように大きく3つの柄に分けることができます。
古典のものにはそれぞれ意味があり、例えば牡丹は美や富貴を象徴しているし、菊は無病息災の意味があるのでそういった意味を考えて選ぶのも良いかもしれません。古典は花や鳥、扇、宝物と言った柄が多く使われていて、優雅な感じがします。
新古のものになると、これまで全体にあった柄が袖や裾等のワンポイントになっていて、大人っぽい印象になります。
モダンは、現代的なはやりを取り入れたものになっていて、同じ花でもバラの模様、幾何学模様等が使われています。他の人とは違う物を着たいと思う人におすすめです。
また振袖は体型によっても似合うものが違っていて、背が高いふくよかな人は濃いめの色で全体的に大きな模様があるものが似合いますし、背が高くやせてている人は反対に淡い色で全体に大きな模様があるものが美しくみせてくれます。背の低い人はその反対を選ぶと綺麗な振袖が着られます。