着付けもしっかりして振袖を着こなそう

振袖が活躍する場

振袖が活躍する最初の機会といえば、成人式ではないでしょうか。
未成年から青年になる記念すべき日に、美しい着物を着て気持ちを新たにするというのは日本の伝統的文化です。しかし、振袖を着れるのは結婚するまでの短い期間です。
それ以降に振袖が活躍する場面というのはなかなかないと思われがちです。ですので、成人式の時だけレンタルするという方も増えてきています。
しかし、それ以外にもぜひ着てほしい場面があります。それは親族や友人の結婚式に招待されたときです。
最近ではドレスやワンピースで参列する若い女性がほとんどです。着物の着付けには時間も費用もかかりますし、動きも制限されてしまうのでいやだと言われるかもしれません。
しかし、振袖を着た女性がいるだけでその場がぱっと華やかになり、雰囲気もよくなります。
特に親族での参列の場合、年配の方が多く黒留袖などを着ている方が多いので、そこに華やかさを添えることができます。
そういった機会がある方は一度ぜひチャレンジしてみてください。

振袖の帯の結び方と種類

振袖は未婚女性の礼装です。とても華やかなイメージの着物ですが、振袖を着る際の帯の結び方はどうしたらよいのでしょうか。
よく知られている結び方に、ふくら雀があります。左右に広がる羽根とふっくらとしたお太鼓は上品でかわいらしく、後姿もすっきりとして見えます。
背の低い人から高い人まで似あう帯結びです。文庫結びは、リボンのような羽根が印象的な帯結びです。ふつう羽根は2枚ですが、4枚に増やしたし跳ね上げたりしてアレンジを加えると華やかな印象になります。
立て矢結びも人気があります。大人っぽい印象がありますが、どちらかというと背の高い人向きです。こちらもひだなどを加えてアレンジをする場合があります。
このような古典的な帯結びに加えて、最近は変わり結びと呼ばれる結び方が人気を集めています。バラやユリなどの花をモチーフにして、ひだをたっぷりとったとても華やかな帯結びです。
振袖の帯結びはアレンジなども加えると様々な結び方があるので、着付けの際には自分の希望を伝えて相談してみてください。